美容サロンや医療クリニックでの脱毛は、熱を使用しますので、施術後は肌が赤く腫れてしまいがちです。火傷というほどのものではないのですが、入浴をすると肌に赤みが増すのと同じで、熱を与えられることで肌がほてってしまうのです。特に肌がデリケートであるVラインは、赤く腫れやすいです。この赤みは、施術後に十分に肌を冷却することで徐々に消えていきます。保冷材などを使用するのも良いですが、最も効果的なのはジェルやローションです。入浴後もそうですが、ほてった肌は乾燥しがちです。そのまま放置しておくと、肌がカサカサに荒れてしまいます。ですからひんやりとしており、保湿効果も高いジェルやローションを塗るのが良いのです。冷やしてほてりをなくしつつ、乾燥状態を改善していくことができます。Vラインは敏感であるがゆえに、他の部位よりもさらに丁寧なケアが必要になります。ケアが足りないと肌の状態が著しく悪くなり、次回の脱毛が不可能になってしまうことさえあるのです。