ワキやVラインの体毛を薄くすることのできる光脱毛

人間の体には、大事な部分を保護するための体毛が生えています。毛髪は頭部を衝撃から守るためのものですし、ワキの体毛はリンパ腺を守るために生えています。そしてVラインには、性器を守るための体毛が生えてきます。保護することが目的ですから、これらの部位の体毛は太くて濃い場合が多いです。毛髪はともかくワキや性器の周辺の体毛は、鬱蒼と生い茂っているようであり、見た目としては決して美しいとは言えません。そのためそれらの体毛を薄くするために、脱毛をする女性が多くいます。脱毛は多くの場合、レーザーやフラッシュなどの光によっておこなわれます。それらの光を照射すると、体毛は熱の影響で内部からボロボロの状態になり、抜け落ちていきます。その後ゆっくりと再生してきますが、再び光を照射することで、徐々に弱りきって再生してこなくなります。これを繰り返していくうちに、体毛の全体量が減っていくのです。美容面で問題のあるワキやVラインの体毛を薄くするには、光脱毛は最も適した方法であると言えます。

Iラインの毛を薄くするには・・そもそも、薄くした方が良いのか。

Iラインの毛、特に剛毛の方、悩んでいる女性も多数いらっしゃるのではないでしょうか。そもそも、Iラインの毛は、薄い方が良いのでしょうか。それは人それぞれの好みもあるでしょうが、他国では、衛生的なことを考慮し、処理することが当たり前になっているところもあるようです。一般的に脱毛する方法としては、やはり脱毛サロン等に通って脱毛していくことが挙げられますね。自宅で事故処理を行うよりも確実な方法です。しかし、なくしてしまうのではなくてナチュラルな感じに「毛を薄くする」というところに焦点を当てると、抑毛ローションを継続して使用するのも一つの手です。抑毛ローションを使用すると、徐々に毛を細く薄くすることができ、毛が目立たなくなっていきます。ただし抑毛ローションの場合、人によって、すごく効果を感じられる方とそうでない方がいらっしゃるようです。また、すぐには効果が見られず、使い続けなければ効果が継続して得られないのも事実です。大きなメリットを揚げるとすれば、自宅に居ながら自分で処理でき、肌を傷つける心配がない点でしょう。気長に試してみるつもりで使ってみると良いかもしれません。

VIOラインの医療レーザー脱毛はどのぐらい痛いのか

最近ではVIOラインを脱毛する女性が増えています。水着を着たり温泉に入ったりする前に、いちいちカミソリでムダ毛処理するのは面倒ですね。なにより清潔を保てるし、生理中にムレたりしないのも大きなメリットです。しかしVIOラインの医療レーザー脱毛は痛いという定評があります。いろいろな口コミを見ても、「無数の針を刺したような痛み」「冷や汗が止まらない」「本気で泣いた」などの声が目立ちます。ただし痛覚には個人差があるので、あまり気にならない人がいるのも事実です。痛いのは我慢できないけれど、脱毛はしたいという方は、IOのほうは特に痛みが強いので、まずVラインから試してみる手があります。ある程度痛みに慣れてから、IOラインに進むかどうかを判断します。途中で脱毛を諦めてしまうと無駄になるので、長期契約は控えて1回1回施術するのが良いかもしれません。痛みがひどい場合には、麻酔シートを使うクリニックもあります。医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べて効果は高いとされているので、どこまで痛みを我慢できるかが選択の鍵のひとつになります。